自宅で年賀状印刷したいけどプリンターがない!

年賀状印刷 プリンターがない

 

そろそろ年賀状の時期が近づいてきましたね。

来年は2020年。そう、令和2年!

令和初めての年賀状になりますね。

年賀状って毎年送るものだけれど、プリンターがなくていつも郵便局やコンビニの絵柄入りの年賀状で済ませてしまっている人も多いのではないでしょうか?

実は年賀状はプリンターがなくても簡単に送ることが可能なんですよ!

そこで、家にプリンターがない人でも簡単に手間いらずで年賀状を送る方法をご紹介していきます♪

プリンターがない人はネット注文がおすすめ

お家にプリンターがない人は、ネット注文がおすすめです。

ネット注文というと「高い」というイメージがありますが、それはもう昔のこと!

今はかなり安価なものもたくさんあります。

注文枚数も1枚~などの対応もありますし、早割などの特典を活用すればお得に注文できます。

業者によっては宛名印刷などのオプションもつけれたりするので、自分の作業はネット注文するのみ

で終了!

忙しい年末を余裕をもって過ごすためにも、年賀状のネット注文はおすすめなんです。

年賀状ネット注文おすすめランキング

それでは、私が実際に利用して「お得だったな!」とおすすめできる年賀状注文のサイトをランキング形式でご紹介していきます。

①挨拶状ドットコム




挨拶状ドットコムは、完全オリジナルデザインが1000種類あります。

干支とは関係ありませんが、猫好きにはたまらない猫を主役にした年賀状や、消しゴムはんこの年賀状、マスキングテープを使ったモダンなものなどおしゃれでかわいいがデザインがたくさんあります。

さらに、挨拶ドットコムはサービスがとても充実しています。

もともとあるお年玉年賀はがきにプラスして独自のお年玉くじがついてきて、当選すれば旅行券など総額1000万円分の商品がもらえる企画があります。

また、届いた年賀状を保管しておく「きずなばこ」がもらえたり、アンケートに答えると3000円分の商品券が当たるキャンペーンなど、年賀状注文だけで色々なサービスが受けられます。

  • 宛名印刷 あり
  • 決済方法 クレジットカード・代引き・銀行振込
  • 投函代行 あり
  • 納期 2営業日
  • 割引制度 早割(40%オフ)

②ネットスクウェア

ネットスクエアは、基本料金がないため、とても安く注文できるところが特徴です。

さらに送料も無料!

安さの理由は、宛名印刷や代理投函のサービスをしないため値段を安く抑えることができています。

デザインも可愛いものが多く女性にとても人気が高いです。

  • 宛名印刷 なし –
  • 決済方法 クレジットカード・代引き
  • 投函代行 なし
  • 納期 翌々営業日
  • 割引制度 期間限定セール(最大39%オフ)

③Rakpo

Rakpoは、ディズニーやスヌーピーなどの人気キャラクターのデザインが豊富です。

年賀状にこだわりたい人なら、ワードやエクセルで作った自分のデザインも専用テンプレートにはめ込んで作成することができるので、オリジナルの年賀状が送れます。

基本料金がなく、送料も無料なので、「印刷代とハガキ代だけの価格」で印刷することができます。

デザイン性と安さにこだわりたい人におすすめです。

 

  • 宛名印刷 あり
  • 決済方法 クレジットカード・代引き・銀行振込・キャリア決済
  • 投函代行 あり
  • 納期 翌営業日
  • 割引制度 早割(最大50%オフ)

年賀状を自宅で印刷するデメリット

安いからと、年賀状を毎年自宅で印刷して出している人も多いとは思いますが、実際本当にお得なのでしょうか?

節約のためにもお家で年賀状を作るためにプリンターを購入しようと考えている人はちょっと待ってください!

実際に私も何年も自宅で年賀状を印刷してきたので、年賀状を自宅で印刷するデメリットを一緒に考えていきましょう。

①意外とお金がかかる

節約のためにと、自宅で年賀状を作りたいと考えるかもしれませんが、実は意外とお金がかかっているんです。

たとえプリンターを持っていたとしても、「年賀はがき+インク代」だけでもかなり出費です。

年賀はがきは一律の値段なので今は考えないものとしても、インク代ってかなり高額なのは知っていますか?

プリンターへフルにインクを入れようと思うと約5,000円~7,000円くらいかかります。

さらに、書店などに売ってあるデザイン集を買って付属のデータを読み込ませている人は、その代金もかかってきます。

自宅で年賀状を作るといっても、結構お金がかかるんですよね。

②きれいに印刷できない

自宅で印刷すると、決まって10枚ほど全く使えなくなるほどの失敗するものがでてきます。

インクジェット対応のはがきでも、はやり業者のものと比べると思ったように色は出ませんし、ズレたり、いらない余白が出来たりとかなり手こずります。

せっかく年賀状を作るなら綺麗に仕上げたいと思うのに、自宅印刷だとなかなか上手くいかないものです。

③時間と手間がかかる

年賀状作成を1からしようと思うと、かなり時間と手間がかかります。

PCを立ち上げ→デザインを選び→写真を選び→構成を考えて配置→試し刷りをして確認→本印刷→宛名をPC入力or手書き→メッセージ…

一連の流れだけ見ても、かなり手間ですよね。

スムーズにいけばいいですが、「PCが立ち上がらない」「写真がデザインに上手く収まらない」「試し刷りをしたら余白が出来た」などのトラブルも考えられます。

普段PCを触らない人はとくに、苦痛の作業だと思います。

こういったことから、自宅で年賀状を印刷するよりも、ネット注文で頼んでしまった方が「かなり楽」ということが分かりますよね。

どのくらい料金がかかるかはサイトで見積もりを出してみよう

年賀状印刷 プリンターがない

年賀状のネット注文は安い!

と言われても、具体的にどれくらいの金額でできるものなのかピンとこないですよね。

年賀状注文の枚数やデザイン、注文時期やオプションによって値段は前後するので、まずは注文したいサイトから見積もりを出してみてくださいね。